Fertility treatment

不妊治療はゴールが見えないギャンブル

結婚したらきっと子供ができると思っているうちに気付いたら数年過ぎて不妊症と言われる状態になっていたという人は多いです。35歳を過ぎていた場合は、気軽に不妊相談に行ったとしてもカウンセリングうんぬんではなく、挙児希望の場合は即不妊治療を勧められます。
そして原因究明のための検査を男性女性同時に開始します。不妊の原因は男性50%女性50%であるため、夫婦同時に検査した方が時間効率が良いためです。不妊治療は時間勝負の面も大きいからです。まずタイミング法で基礎体温をつけて生理周期を見てからですが、35歳以上では即人工授精を勧められます。人工授精は保険適応外であり自費になるため費用は2~3万円程度の施設が多いです。複数回施行しても妊娠しない場合は体外受精にステップアップするよう勧められます。子宮内腔に着床を阻害するような異常がないか確認するために場合によっては子宮鏡検査を勧められる場合もあります。体外受精は子宮に針を刺して採卵をする必要があるため苦痛も大きく、費用も格段に上がってしまいます。人工授精と同様に自費になります。
施設によりますがおおむね35~40万円程度です。体外授精をすると助成金を支給してくれますが、自治体によって違いがありますので注意が必要です。例えば40歳以下は6回まで1回15万円まで支給等といったように住んでいる自治体により支給額と支給回数が異なります。

Pick up

TOP